ヒートアイランド対策を産学官民で連携して推進しています。

 

部会

    ヒートアイランド対策技術に関する調査研究、提言の策定を行っています。
    • 部会長:大阪府立大学大学院 客員教授 吉田篤正

    モデル街区WG+空間評価WG・合同WG

    大阪府クールスポットモデル推進事業実施箇所をモデル街区として、種々の暑さ対策の導入効果を評価・検討する。

      空間の暑熱環境評価方法を整理し、具体的な検討結果について議論する。

        万博会場の基本計画等について情報収集を行い、合同WGとして暑さ対策提案の可能性を検討する。
        • モデル街区WG主査 神戸大学大学院 准教授 竹林英樹
        • 空間評価WG主査 奈良女子大学大学院 准教授 吉田伸治
        • 構成員:WG主査、幹事(神戸大学大学院 技術職員 橘高康介)、委員(関西電力株式会社、株式会社いけうち)、アドバイザー(神戸大学 名誉教授 森山正和、大阪府立大学大学院 客員教授 吉田篤正、大阪市立大学大学院 客員教授 桝元慶子)

        • 都市デザインWG

          クールスポットのラベリング制度の実用化に向けて、技術評価WGと連携し、計測データ取得方法及び分析方法に関するガイドラインの整備を行う。
          • WG主査 大阪市立大学大学院 教授 鍋島美奈子
          • 構成員:WG主査、幹事(大阪府立大学大学院 助教 松尾薫)、アドバイザー(神戸大学 名誉教授 森山正和、大阪府立大学 名誉教授・LAまちづくり研究所 所長 増田昇、日本工業大学 教授 三坂育正)

          • 排熱低減WG

            人工排熱の大気熱負荷削減方法を検証する。

              熱有効及び人工排熱低減に関する情報収集・調査、並びに、検討・広報を行う。

                カーボンニュートラル政策におけるヒートアイランド対策技術の評価を検証する。
                • WG主査 大阪市立大学大学院 教授 西村伸也
                • 構成員:WG主査、委員(関西電力株式会社、大阪ガス株式会社、ダイキン工業株式会社、株式会社いけうち、株式会社大林組、株式会社竹中工務店)、アドバイザー(大阪市立大学大学院 特命教授 中尾正喜)

                • 技術評価WG

                  日除け、ミスト、その他街区における人への熱的負荷軽減に資する技術を対象に、性能評価方法を提案する。

                    市販のWBGTセンサーを用いた測定方法・評価法について具体化を進める。
                    • WG主査 大阪市立大学大学院 教授 西岡真稔
                    • 構成員:WG主査、幹事(大阪府立大学大学院 准教授 木下進一)、アドバイザー(大阪府立大学大学院 教授 山田宏之、大阪府立大学大学院 教授 北宅善昭)

                    • 認証制度運営委員会

                      ヒートアイランド対策技術の認証を行っています。
                      • 委員長:大阪府立大学大学院 客員教授 吉田篤正

                      • 熱負荷評価手法WG

                        認証制度の対象となる技術の追加が検討される際には、関係するWGと連携して、当該技術に関するWUFI Proを主力シミュレーションツールに据えて、入力パラメータの調整や入力条件の整備等についての検討を行う。
                        • WG主査:京都工芸繊維大学 准教授 芝池英樹
                        • 構成員:WG主査、委員(評価対象技術に応じ指名)

↑ PAGE TOP